美容液と乳液の違い

化粧水の後のスキンケアは、何が良いのか悩むものです。

美容液と乳液はそれぞれ役割が違います。
化粧水→美容液→乳液の順番が一般的です。

美容液は、肌の状態を活性化させ、シミやしわ、たるみ、毛穴などの肌の悩みを改善する
美容成分が濃縮されたものが含まれているものをさします。

肌の悩みや肌トラブルの予防を目的としていますので、基礎化粧品のプラスαとして使用するようにしましょう。

乳液は、化粧水で水分補給した肌を蒸発しないよう油分でふたをするという役割と保湿効果があります。

肌は水分と油分のバランスが整っていることがとても重要なので、必須のスキンケアアイテムです。

美容液の中には、乳液と同じ役割を担ってくれる商品もありますが、
乳液を使う前提で作られている美容液もありますので、使用法をよく読み、自分に必要なものを選ぶようにしましょう。

基礎化粧品の浸透力を高めるために洗顔はとても大切です。

洗顔が正しくできていないと、せっかく美容液をつけても効果が半減してしまいます。

また、基礎化粧品の塗りすぎ、つけすぎも肌にはよくありません。

くすみやザラつきの原因となる場合がありますので、化粧水と乳液だけのスキンケアの日を作るなどして、
肌に休息を与えてあげることも効果的です。

3カラム構造