乳液の良さ

乳液は、洗顔後、化粧水で水分を肌に与え、乳液の油分でふたをして水分の蒸発を防ぎ、
保湿することが目的とされています。

乳液の代わりに美容液をつけている方も多くいると思います。

本来の乳液の役割を担う美容液もありますが、美容液の多くは美白・シワ・ハリなどの効能がある
美容成分が凝縮され含まれています。

乳液の役割をしっかりと果たす美容液であれば、代用でもよいかと思いますが、
乾燥からくる肌トラブルはとても多くありますので、保湿は欠かさないようにしましょう。

美容液を使用する場合は、化粧水・美容液・乳液の順番でつけるようにして下さい。

乳液には潤いと美容成分にふたをしてあげる効果があります。

美白やシワなど悩みは絶えませんが、まずは、基本中の基本であるスキンケアで、お肌のコンディションを整えてあげることが先決です。

自分の肌質によって乳液の量を調整することも必要です。

オイリー肌の人は乳液の使用量を少なめに、ベタベタしないタイプの乳液を選びましょう。

乳液の中には、日焼け止めや化粧下地の効果がある商品もありますので、
お化粧前のスキンケアを乳液で補うことができるのでお勧めです。

秋冬は特に乾燥しやすいので、年齢・性別を問わず、乳液でお肌を守りましょう。

3カラム構造